男性42歳、女性33歳は「大厄」と言われ、 肉体的・社会的立場・家庭環境などに 変化が多く、 災厄の多い時期とされ、古来より神社に詣で「厄祓祭(除厄)祭」を行うことが習慣となっています。
平成三十年戌年の厄年は下の表をご覧下さい。

お参りできない方は、随時お祓いいたします。

お問い合わせは、お電話かメールにて承ります。
ホームページからのお申し込みはこちらから >>

一、今年の厄年の方は数え年で
・・・
二才、五才(はす数が二才、五才の方)
・・・
三才、七才、九才(はす数が三才、七才、九才)
初穂料  金 五、〇〇〇円
一、大厄の方
・・・
昭和三三年生 (六十一才)
昭和五二年生 (四十二才)
平成六年生 (二十五才)
・・・
昭和五七年生 (三十七才)
昭和六一年生 (三十三才)
平成十二年生 (十九才)
初穂料  金 五、〇〇〇円
一、前・後厄の方
・・・
二十四才、二十六才、四十一才、四十三才
・・・
十八才、二十才、三十二才、三十四才
初穂料  金 五、〇〇〇円